イメ−ジ写真

胃内視鏡検査

胃がんは日本人に非常に多い悪性腫瘍であり、世界レベルでみますと、風土病を思わせるほど高率です。これには日本独特の食習慣とピロリ菌の陽性率が異常に高いことが原因と推測されています。

年齢とともに胃がんの発生率が高まりますので、40歳以上の方は(とくに近親者でがんにかかられた人が複数いらっしゃる場合)積極的に胃の内視鏡検査をお受けになることをお勧めします。
早期胃がんの状態で発見できれば、手術による治療率は90%を超えています。
また、病変によっては内視鏡手術の適応となり、開腹しないで済むこともあります。

検査の結果で何らかの異常を指摘された方は、定期的な検査が必要となります。
初回検査で異常がなかった方は、2〜3年間は様子をみても良いと思われますが、1回の検査では見落としがある危険性を考慮すると、1年後にもう1回検査を受けておいた方がよいでしょう。

当院の検査方法

当クリニックでは直径5.9mmの細くて軟らかい内視鏡を導入しました。
これを鼻の穴から挿入しますと、舌根部を圧迫しませんので、嘔吐反射が起こりません。従来では考えられないほど楽に検査を行うことができます。

静脈麻酔の必要がありませんので、検査終了後すぐにお仕事ができます。車の運転も可能です。
鼻の局所麻酔のみで、ノドのしびれはわずかですので、すぐに飲食が可能です。
麻酔による事故の危険性も回避できます。

鼻腔が狭く、内視鏡が通過しない場合には、経口的に内視鏡を挿入いたします。
この場合には、ノドに局所麻酔を行いますので、飲食の開始を1〜2時間遅らせていただく必要があります。

内視鏡検査は通常5〜10分で終了します。

原則として予約制です。お電話にてご予約ください。
現状では、おおむね2週間以内に検査をお受けいただいております。

レントゲン検査との比較

X線(放射線)の被爆がありません。
粘膜の色調の変化、出血の有無を知ることができます。
組織を採取し、良悪性の診断が可能です。

検査費用

何らかの症状に対し検査を行った場合には、健康保険の適応となり、1割〜3割の負担で検査が受けられます。
健康診断目的の場合は自費扱いとなります(10割負担)。
健康診断で病変が発見された場合、組織検査の費用は健康保険扱いとなります。
胃腫瘍あるいは十二指腸潰瘍と診断された場合には、ピロリ菌検査の費用も健康保険扱いとなります。

検査内容 1割負担 3割負担 健康診断
 胃内視鏡検査のみ 1,500円程度 4,500円程度 15,000円程度
 胃内視鏡検査+ピロリ菌検査 2,000円程度 6,000円程度 詳細はお問い合わせください
 胃内視鏡検査+組織検査 2,800円程度 8,400円程度
 胃内視鏡検査+ピロリ菌検査+組織検査 3,000円程度 9,000円程度

経口内視鏡検査と経鼻内視鏡検査の比較

当院では平成18年2月より経鼻内視鏡を導入しました。平成28年12月までの10年11か月間に7,154件(年間平均655件)の検査を行いました。
このうち7,129件(99.7%)は経鼻的に検査を行うことができました。
経口的に検査を行ったのは25件(0.3%)のみで、鼻腔が狭く内視鏡が通過不能だった方が14件、クシャミが連発して経鼻的な挿入をあきらめた方が1件、 鼻の痛みを強く訴えた方が1件、キシロカイン過敏症のため無麻酔で実施した方が1件、 初めから経鼻的な挿入を拒否した方が8件でした。

検査の苦痛を少なくするための静脈麻酔薬や胃の蠕動を抑える注射薬を使用しませんので、高齢の患者さんや合併症のある患者さんにも安心して検査を行うことができました。
検査に伴う苦痛としては、鼻腔を通過する際の痛み、食道の入り口を通過する際の違和感、送気による腹部膨満感などを訴えた方が数名おられましたが、 「思ったより楽でした」「以前の検査よりもずっと楽でした」「自分の胃の中が見えて面白かった」「来年も是非お願いします」「家族や友人にも勧めます」という方がほとんどでした。
検査終了後、内視鏡が通過した鼻腔内に、血管を収縮させる点鼻薬を噴霧するようにしていらい、鼻出血で難渋した方は経験していません。

平成18年1月までの3年10か月間に行った経口内視鏡検査870件の成績と比較しました(下表)。
食道癌、胃癌、悪性リンパ腫など、臨床的に問題となる病変の発見率は、経口内視鏡検査では0.69%(6/870)、経鼻内内視鏡検査では1.23%(88/7,154)と両者間に有意差はなく、むしろ経鼻内視鏡検査の方が良好な成績でした。

従来の経鼻内視鏡は観察視野や画像、操作性に難点があり、診断能力の低下が危惧されていました。
当院で採用しているフジフィルムメディカル製の経鼻内視鏡(Advancia EG-530NW)は4方向アングルで操作性に優れ、観察視野が広く、 画像も明るく、解像度も高いため、従来の内視鏡検査と同等以上の診断成績を上げることができたと考えています。

経口内視鏡:870件
(H14.4〜H18.1)
経鼻内視鏡:7,154件
(H18.2〜H28.12)
 食道癌 1 16※
 食道炎 14(33) 196(314)
 その他の食道病変 1(60) 94(970)※※
 早期胃癌 3 36(3)
 進行胃癌 2 21(1)
 胃悪性リンパ腫 0 7
 胃異型上皮(腺腫) 6 18(1)
 胃潰瘍 65(2) 594(82)
 慢性胃炎 652(82) 4,363(1,350)
 胃ポリープ 16(88) 791(525)
 その他の胃病変 18(6) 141(283)
 十二指腸潰瘍 49(12) 314(84)
 その他の十二指腸病変 5(16) 161(382)※※※
 異常なし 38 394
()内は副病変として診断された件数を示します
※ 下咽頭早期癌1件を含みます
※※ 食道異型上皮2件を含みます
※※※ 十二指腸早期癌1件を含みます
Copyright © 2011 Hanatani Clinic. All Rights Reserved.